2015年04月11日

KTWR test 15300kHz

KTWRから15300kHzで7~9日にDRM放送が行われた。7日はステレオ放送でSN比が上がらず、音声の復調は極めて短時間、音鳴りがする程度。
そして8日と9日はモノラルの音声2チャンネルでの放送が行われ、このうち2chでの放送が約5割がた復調できた。ビットレートが低くかつSN比も上がり英語テスト放送が出ていた。

もう一つch1ではAACではなくCLEPハイブリッド符号化方式で送られたため、このDREMソフトでは復調できない。これは市販されているDRMラジオにも一部搭載されている方式で、低レート(今回は5.8~5.78kbpsで送られた)で高音質が得られれることから多くのデジタル機器に採用されている。
AACではぶち切れ状態、これはただ単に当方の受信環境が悪いだけ。時刻表示が約5分ほど遅れて表示されていた。受信側でこれだけ遅延することはないので、エキサイターの設定側かも。





  
Posted by ひろし at 12:11Comments(0)DRM放送

2015年04月07日

KTWR 15300kHz

ことにの2月に次いで今日4月7日から3日間テスト放送が行われる。周波数も同じ15300kHzである。
1029:50にDRM信号が出てきた。しかし1034:22~1035:03の間停波した。信号は強いといってもS9+程度、SN比が上がらず音声復調ができない。
1055:15に停波するまで、最後に一瞬ISが聞こえたような。音声はステレオで、17.46kbps
8日、9日も放送されるようなので再トライ。
  
Posted by ひろし at 21:38Comments(0)DRM放送

2015年04月04日

VON on 15120kHz

3月29日からA15スケジュールになった。DRM放送はほとんど変化はない。
まあRNZIは週替わりでこまめに変更しているが、常時ウェブサイトに反映されているので問題はないだろう。
話題の多いナイジェリアのDRM放送は毎日続いている、時々手違いなのか旧送信機を稼働させるのかDRMとAM波が混信するときも。

4月3日は開始時は弱かったが、徐々に信号が上昇、1830頃から1930にかけて連続復調ができていた。この日15165kHzのSagalee Radio Risala-ti, Radio Risala Internationalも1830からよく聞こえていた。ジャミングは出ているが放送波の方が強く届いている。
1905過ぎのショット画面なので15165kHzの信号は出ていない。時刻表示がなぜかおかしい。

  
Posted by ひろし at 14:03Comments(0)DRM放送

2015年03月14日

VOA Radiogram

バヌアツでは昨夜、未曽有の災害に見舞われた。燃料の補給ができず、結果発電ができないので停電中らしい。そんな折仙台でWCDRRが開催された。久しぶりにVOAのデータ放送を受信した。このところスーパージャミングが出ない時間帯が多くなっている。14日、土曜日もいたって静かである。0930からの5910kHzがそれなりに受信できた。こんなことは極めて珍しい。テキストは問題ないが、画像が流れてしまうのもあった。
受信できた後半部分の途中から。

http://www.voanews.com/content/irans-next-step-in-building-a-halal-internet/2672948.html


Sending Pic:210x118C;


This is VOA Radiogram from the Voice of America.
Please send reception reports to radiogram@voanews.com.
From Radio Free Europe/Radio Liberty:
Facebook Alternative 'Caliphatebook' Goes Offline
Joanna Paraszczuk
March 10, 2015
A site billed as the pro-Islamic State alternative to Facebook has been taken offline by its creators.
The 5elefabook website, whose name comes from the Arabic word for "caliphate," replaced its front page on March 9 with a message announcing a "temporary shutdown in order to protect the info and details of it's (sic) members and their safety."
The individuals or group behind 5elafabook also created a Twitter account, which was suspended on March 10. The site had created something of a buzz on Twitter, where some users referred to it as a "Salafi crowdsourced social site."
The website is listed as having been registered with the Arizona-based GoDaddy Internet domain registrar and ¿hUä¢o company. The contact person for the site is listed on GoDaddy as "Abu Musab" and the country in which he is based as Egypt.
However, somewhat confusingly the address given by "Abu Musab" is listed as "Islamic State Mosul."
LnW= d individual affiliated with the website told the Al-Arabiya news outlet that 5elefab etnot actually affiliated with the Islamic State group. However, those behind the site are loyal t ± h ¿oKIPÑlamic state, the individual said.
A message displayed on the site on March 10 also claimed that 5elafabook is "an independent site and is not sponsored by the Islamic state."
According to Al-Arabiya, unlike Facebook, whose members are actively encouraged to post pictures of themselves, members of "caliphatebook" were strictly forbidden from sharing their photographs, or from sharing personal information.
The site's log in page¼el I5xfalaced by a message explaining that 5elafabook's purpose "was to clarify to the whole world that we do not only carry guns and live in caves as they imagine."
While the site in6le yknžmbers "do not live to kill and spell (sic) blood as the media portrays us," 5elefabook does admit it has ambitions of global domination.
["We] will rule the whole world by Allah's permission...we love to die as much as you love to live and we promise to fight until the last one of us," the message explains.
Initially, the website's main page design featurotfûf the world with the Arabic text of the shahada (the Islamic creed) and the Seal of Muhammad -- both features of the Islamic State's black flag -- inscribed on each continent, suggesting a global takeover by the bliali! te group, or those affiliated with it.
While 5elefabook appears to be the first attempt to create a dedicated pro-Islamic State social network, there are several websites linked to the militant group. Russian-speaking Islamic State militants close to the group's military commander in Syria,
Umar Shishani, maintain a weniytget oi° that posts news and videos relating to the Islamic State group and to militant Islam in general. Records show that the FiSyria website is hosted by a company based in Istanbul.
The Islamic State group previously maintained an official Russian-language site, H-Center, which posted official Russian translations of Islamic State propaganda material and was apparently affiliated with the militant group's media wing, Al-Hayat. However, that site was taken offline late last year. Records show that the domain is currently registered to the name of Fatima Ummhamza who is based in Oleksandriya, Ukraine.

http://www.rferl.org/content/facebook-alternative-caliphatebook-goes-offline/26892006.html

ee]
Image: Logo of RFE/RL's Under the Black Flag blog ...


Sending Pic:390x44C;


This is VOA Radiogram from the Voice of America.
Please send reception reports to radiogram@voanews.com.

From Radio Free Asia:
North Koreans Turn to Smartphones to Evade Censorship Checks
Jieun Kim
RFA Korean Service
March 06, 2015

A new censorship policy under which authorities are tracking the
activities of cell phone users is prompting some North Koreans to
ditch their handsets and buy secondhand, touch-style smartphones
smuggled from China to access prohibited South Korean movies,
North Korean sources said.

North Korean authorities began the "1080 Sangmu" censorship
program in early February to find people who were using their
cell phones to store and acco¯outh Korean music and movies.

Downloading and watching foreign movies, especially ones produced
in South Korea, is a crime in North Korea, punishable by
imprisonment.

"Now I can't use my cell phone outside without worrying that if I
take it out of my pocket, a 1080 Sangmu member might take it and
look into the contents it holds," said a source in North Hamgyong
province, the country's northernmost province which borders
China.

Authorities are cracking down on cell phones with memory chips
that North Koreans refer to "Bbak," a proper noun which is a
rendering of the word "back." They are the chips on which music
and movies are stored and sometimes accessed overtly in broad
daylight, he said.

The source cited an example from June 2013, when some members of
Pyongyang's Unhasu Orchestra were dismissed from their positions
and punished along with some actors, because they had exchanged
adult videos from Japan using Bluetooth technology via their cell
phones.

"There are many people who have suffered at the hands of thieves
who access the contents of their cell phones [after stealing
them] and now with the 1080 Sangmu" which randomly inspects and
confiscates their phones, a source in northwestern North Korea's
Chagang province said.

Smartphones are an alternative

The crackdown has prompted some to cancel their cell phone
registrations and buy smartphones instead, sources said.

North Koreans, especially those who do business with the Chinese,
are buying smartphones in local markets for about U.S. $300, they
said.

Authorities in North Korea have the right to recall cell phones
from users who cancel their registrations without paying the
owners for recalling their phones, the source in North Hamgyong
province said.

Touch-screen type smartphones are gaining popularity because they
allow users to freely store movies and music on their memory
chips and feature games, the source in Chagang province said,
although the phones are not used for calling services.

Smugglers have noticed the growing demand for smartphones and
been supplying used ones from China to North Koreans, he said.

"Now that the 1080 Sangmu has been organized to frequently
monitor and censor cell phone use, the number of people who use
the devices to make and receive calls will decrease," he said.

"But other functions of touch-type cell phones are gaining
popularity, which means the number of unregistered, illegal
smartphones will increase," the source said.

Translated by Yunju Kim. Written in English by Roseanne Gerin.

http://www.rfa.org/english/news/korea/north-koreans-buy-smartphones-03062015155143.html


See ...
https://www.northkoreatech.org/2014/11/25/new-arirang-smartphone-caught-on-camera/
... for pictures of the upgraded North Korean officially approved
Arirang Android-based smartphone ...


Sending Pic:174x228C;


... start
[WRAP:beg][WRAP:lf][WRAP:fn VOAR102.p2s]2.0.5
:hdr_fm:21
KD9XB 20151203180813
:hdr_ed:21
KD9XB 20151203180702

:tt:50 Decode VOA Radiogram on an Android Tablet or Phone
:to:2n+lRadiogram listeners
:fm:3 Kim
:dt:14 14-15 Mar 2015
:sb:8 AndFlmsg
:mg:156 If you have (or plan to buy) an Android advice, try the beta AndFlmsg app to decode VOA Radiogram.
Download AndFlmsg from ...
http://www.w1hkj.com/vk2eta/
[WRAP:chksum DC34][WRAP:end]
... end


Please send reception reports to radiogram@voanews.com.
And visit voaradiogram.net.
Twitter: @VOARadiogram
Thanks to colleagues at the Edward R. Murrow shortwave transmitting station in North Carolina.
I'm Kim Elliott. Please join us for the next VOA Radiogram.
This is VOA, the Voice of America.


Sending Pic:506x45C;


  
Posted by ひろし at 20:10Comments(0)Radiogram

2015年02月24日

KTWR 15300kHz

予告通り2月23日にGuamからのDRMテスト放送が行われた。
1446にAMで放送開始、テスト放送のアナウンスが出ている。後半1500:30過ぎにDRM信号に切り替わった。ステレオ放送で、右が女声、左が男声で出ているのがよくわかる。

受信状態は概ね良好である。AM放送、DRM放送どちらも同じ内容である。終了アナウンス部分はモノラル音声で周波数アナウンスなどが出ていた。1515:00にアナウンス途中でDRM信号が切れた。
KTWR test broadcast on 15300 kHz, February 23rd
1446-1500 AM
1500-1515 DRM


  
Posted by ひろし at 10:51Comments(0)DRM放送

2015年02月21日

KTWR Guam DRM Test

KTWR is planning a DRM test to India for February 23rd and 24th. The transmission will be in English on 15300kHz at 1445-1515 UT. KTWR will be beaming at a heading of 285 degrees, running a 75 kW.

AIRは各言語の放送も、モノラルで3系統の音声を出している。20日は15795kHzの中国語もいつもよりは強力、時間帯によってはジャミングを抑えて復調もできていた。しかしよかったのは1215辺りまであとはCNR1ジャミング放送に潰されてしまった。
  
Posted by ひろし at 01:21Comments(0)DRM放送

2015年02月20日

レノボPC製品に危険が

以前から問題の多いパソコンをまだ使っている人も多いようだ。というか何も知らないというのが本当なのだろう。ネットショッピングやネットバンクなどしなければ特に問題はなかろう。
パソコン内の情報を抜き取られても何も問題なければ使うのもよし。どの機種でもそうだが、まさか初期設定のままで使っている人はいないだろう。どのサイトへつないでもIPアドレスは筒抜け、位置情報は町単位で分かっている。便利さもあればそれに伴うリスクもあることを知って使うべきだろう。意図しないで勝手にインストールされてしまうソフトにはくれぐれも注意を。

今回はレノボも声明を出した。
 Superfishは、お客様のショッピングの間に興味をお持ちになる可能性のある商品を発見する手伝いをする目的で、9月から12月の非常に短い期間、レノボのコンシューマノート製品に搭載されていました。しかしながら、ユーザからのフィードバックはポジティブではなく、我々は直ちにかつ決定的な対応を行っています。

1)全てのレノボ製品に搭載されたSuperfishは、サーバ側の接続で完全に無力化されています(1月より)。したがってこの製品は既にアクティブではありません。この無力化は市場にある全てのSuperfish製品でなされています。
2)レノボは1月よりこの製品のプリロードを停止しています。
3)この製品を将来プリロードすることはありません。

 我々はこのテクノロジーを徹底的に調査しましたが、セキュリティ上の懸念を実証するいかなる証拠も見つかりませんでした。しかし我々はお客様がこの件に懸念を抱く反応を示されたことを承知しており、このソフトを搭載したいかなる製品も出荷をしないという直接的な行動をとりました。我々は引き続き、ユーザ ニーズ、エクスペリエンスを最優先として、そのために何をすべきか、いかにすべきかを考えてまいります。

 明確な点として、Superfishテクノロジは純粋に文脈・イメージをベースとしたもので、行動によるものではありません。これはユーザの行動をプロファイリングやモニタリングするものではありません。ユーザの情報を記録するものでもありません。顧客が誰であるかを知ることもありません。ユーザはトラッキングされたり、リターゲットされることもありません。すべてのセッションは独立したものです。ユーザにはこの製品を使うか使わないかの選択肢があり ます。Superfishとの関係は財務的に大きなものではありません。我々のゴールはユーザのためのエクスペリエンスの強化です。我々はそのゴールに対しこのソフトは一致していなかったことを認識し、迅速かつ決定的な行動をとりました。

 我々はフォーラムで全てのユーザの懸念に対しサポートをおこなっています。我々のゴールはお客様にベストなサービスを提供するテクノロジーを見つけ出すことで す。今回の場合、ネガティブなフィードバックに対し迅速に対応し、懸念に対し決定的なアクションを取りました。

  
Posted by ひろし at 14:19Comments(0)番外編

2015年02月16日

AIR 13605kHz

英語放送には原則中国がノイズジャミングをかけている。AIRもその例に漏れないが、DRM放送に対してはどうなのかよくわからない。
13605kHz、2245からは英語放送が出ているが、HFCCではこれがAM放送として登録されていることから、ジャミングをかけているのではという情報があるとかないとか。
しかしこれは紛れもなくDRM放送である。連日強力に入感しており、特に開始時がよい。2300からは13610kHzに中国が出てくることから復調率が低下する。
いつからか知らないが、モノラル放送で、音声を3系統出している。メインの英語とサブチャンネルでテストトーンや音楽を出している。2300からニュースが出ている。
DRM放送でジャミングが出ているのは同じAIRの15795kHzである。これは中国語が出ている周波数でCNR1ジャミング放送をかけている。中国でDRMを聞いている人がいるのかな、いやこれは海外で受信できないようにするためかも。

以下、13605kHz、2月15日の受信評価画面。




  
Posted by ひろし at 11:57Comments(0)DRM放送

2015年01月21日

R.Australia DRM

Radio Australiaは1月31日の1300から大幅に短波放送時間を削減する。送信所も一ヶ所からとなり3台に送信で運用されることになった。
このため12080と5995kHzで行われているDRM放送もこの31日で終了する。現在時間によっては12080のDRMと12085kHzのAM放送が並んで出ているという珍現象も間もなく見られなく、否聞こえなくなろうとしている。



1月31日1300以降はわずかこれだけのスケジュールである。
Effective 1300 UT Sat Jan 31:

355 degree antenna: 21-09 on 15415, 09-21 on 12065
030 degree antenna: 21-09 on 15240, 09-21 on 12085
070 degree antenna: 21-09 on 17840, 09-21 on 9580

All English except:
0630-0700 & 0900-0930 M-F Tok Pisin
0800-0805 M-F French

  
Posted by ひろし at 17:05Comments(0)DRM放送

2014年12月30日

Radio Andernach

あちこちに出没していた復調できないDRM放送、ドイツ軍のRadio Andernachが12月9日の放送を最後に確認ができない。どこかに出ている可能性もあるが、今のところ分からない。

12月9日の放送では同時に4種類のデータが送られていた、復調できないため内容は?。

そんな中、アフガンに展開しているNATO軍が撤退をしたというニュースが12月28日に出ていた。この放送、もともとこうした部隊へ向けて家族からのメッセージなども出していたとされ、短波放送が出なくなったことと関連があるのかもしれない。
今年2014年、米国、NATO諸国のアフガニスタンでの軍事作戦が終了する。来年からはアフガニスタン自ら国を守ることができるように、軍人や警察を訓練するためにアメリカ兵が数千人駐留することになる模様。

Radio Andernachが短波から姿を消すことは、それだけ平和になったということなのだろう。
  
Posted by ひろし at 10:09Comments(0)DRM放送

2014年12月09日

5925kHz DRM

日本でよく聞こえるニュージーランドのDRM放送、若干放送時間が短縮され、受信の機会が減ってしまった。
ヨーロッパはルーマニアを筆頭にBBCも出ておりそれなりに聞くチャンスが多いのだろう。

そんな中、特定の関係者しか聞くことのできないDRM放送が出ている。海外に展開するドイツ軍とその家族向けに、短波で様々な情報が送れるDRM放送が毎日2時間は出ていると思われる。

頻繁に周波数を変えている、どこに出没するのか。実際の放送ではそういった情報も出ていると思われるが確認の手立てがない。
いつもはRadio Andernachの表示も出るが、今日9日の受信では局名の代わりに、違うフォーマットの放送が出ているようだ。音声はモノラルで2チャンネル、データ放送も2系統出ている。音声は左右別々の放送を出しているのかもしれない。これも日本では受信不可能なのでヨーロッパでの受信。


  
Posted by ひろし at 21:54Comments(0)DRM放送

2014年12月05日

6110kHz DRM

日本国内での受信は不可能だが、今は遠隔操作でパソコンさえあれば誰でも聞くことが可能となった。一時6120kHzへ動いたドイツ軍のDRM放送、また元の6110kHZへ戻っている。12月に入ってからは0200のほかにも0900からもDRM放送を出している。

これとは別に6115kHzでは長時間クリスマス音楽だけを流し続ける局が2日から出ている。おそらく半日は流しているのではないか。このDRM放送と肩を並べている。
6115kHzはWWCRが出ているが、これの出ていない時間に音楽を流している。ひょっとしてWWCRが出している?、そんなわけない、この時間6115の送信機は15795kHzに使われている。しかも受信できる範囲がヨーロッパに限られるようだ。

  
Posted by ひろし at 19:50Comments(0)DRM放送

2014年11月18日

6120kHz DRM

11月頭には6110kHzに出ていたドイツ軍の秘密DRM放送、17日にチェックしたところ10kHz上に出ていた。0200-0400の放送時間は変わっていないようだ。この時間帯6110kHzの西蔵放送が強く入感することからQSYしたのかもしれない。

通常のDRMソフトでは音声やデータ放送の復調もできないようだ。パスワードを入れないと聞けないような放送、まさに秘密放送局である。

約50分間のログをとってみた。ラベルもビットレートの表示もない。
>>>>
Dream
Software Version 1.13
Starttime (UTC) 2014-11-18 02:53:58
Frequency 6120 kHz
Label
Bitrate 0.00 kbps
Mode B
Bandwidth 10 kHz

MINUTE SNR SYNC AUDIO TYPE
0000 22 150 0/00 0
0001 22 136 0/00 0
0002 22 120 0/00 0
0003 27 150 0/00 0
0004 26 150 0/00 0
0005 24 150 0/00 0
0006 23 150 0/00 0
0007 23 130 0/00 0
0008 26 150 0/00 0
0009 25 150 0/00 0
0010 23 119 0/00 0
0011 22 132 0/00 0
0012 24 146 0/00 0
0013 22 121 0/00 0
0014 24 135 0/00 0
0015 21 128 0/00 0
0016 25 150 0/00 0
0017 25 150 0/00 0
0018 26 150 0/00 0
0019 29 150 0/00 0
0020 25 118 0/00 0
0021 25 150 0/00 0
0022 28 150 0/00 0
0023 29 150 0/00 0
0024 28 150 0/00 0
0025 26 150 0/00 0
0026 26 150 0/00 0
0027 21 132 0/00 0
0028 24 151 0/00 0
0029 25 150 0/00 0
0030 21 136 0/00 0
0031 20 136 0/00 0
0032 24 150 0/00 0
0033 24 150 0/00 0
0034 24 150 0/00 0
0035 25 150 0/00 0
0036 26 150 0/00 0
0037 27 150 0/00 0
0038 27 150 0/00 0
0039 27 150 0/00 0
0040 27 150 0/00 0
0041 27 150 0/00 0
0042 26 150 0/00 0
0043 26 150 0/00 0
0044 23 135 0/00 0
0045 26 150 0/00 0
0046 27 150 0/00 0
0047 27 150 0/00 0
0048 21 105 0/00 0
0049 28 150 0/00 0
0050 24 135 0/00 0
0051 26 79 0/00 0

SNR min: 0.6, max: 29.0
CRC:
<<<<
  
Posted by ひろし at 13:13Comments(0)DRM放送

2014年11月08日

BBC 3955 kHz

もう何年も同じ周波数に出ているBBCのDRM放送ヨーロッパ向け、現地で日の出直前の時間帯に受診してみた。ラベル表示はアジア向けと同じようだ。ニューステキストも一部ではあるがダウンロードでき、HTMLファイルを開くこともできる。
リモートでDRMのサーバーが限られており、受信のチャンスが少ない。

10kHz上3965kHzにハローパワーのRFIのDRMも長時間出ている。SN比が低いが、音声の復調率は良い。



  
Posted by ひろし at 16:08Comments(0)DRM放送

2014年11月07日

BBC 17790 kHz

0800から一時間出ているBBC南アジア向けの英語放送。タイ送信だが日本ではあまり強くない。当方のプアーな受信環境ではなおさらだ。
音声はモノラルだが全く復調ならず、データ放送もあるがそれすらダウンロードできない、日本向けビームで出してほしいな。

Dream
Software Version 1.12a
Starttime (UTC) 2014-11-07 08:01:26
Frequency 17790 kHz
Latitude 0ー0'N
Longitude 0ー0'E

MINUTE SNR SYNC AUDIO TYPE
0000 6 114 0/00 0
0001 7 119 0/10 0
0002 7 125 0/10 0
0003 5 105 0/10 0
0004 5 108 0/10 0
0005 8 130 0/10 0
0006 8 129 0/10 0
0007 7 122 0/10 0
0008 7 137 0/10 0
0009 8 130 0/10 0
0010 8 142 0/10 0
0011 8 146 0/10 0
0012 8 131 0/10 0
0013 7 96 0/10 0
0014 7 109 0/10 0

SNR min: 0.6, max: 9.1
  
Posted by ひろし at 17:30Comments(0)DRM放送

2014年11月02日

B14 DRM

ごく一部の人しか聞いていない放送だ。いまだ技術的実証実験をしているようだ。A14とあまり大きな変化はないが、日本で強力に聞こえているRNZIの放送時間が若干削減されている。一部の周波数は平日のみの放送となった。
R.Australiaも5995kHzはAM放送のみとなり、DRMは12080kHzの一時間だけ。

最多の放送時間を誇るインドとルーマニアは現状維持である。B14リストでは延べ52波が放送している。インド15波、ルーマニア12波である。

BBCのアジア向けは0800-0900の17790kHzと1400-1800の5845kHzである。
R.JapanとKBSWSのDRM放送は引き続きヨーロッパ送信で行われている。

日本では受信できないドイツ軍のDRM放送は6110kHzに出ているが、局名表示も出ない。暗号化された放送でユーザー登録と専用アプリがいるみたい。時刻表示は正確に出てくれる。
  
Posted by ひろし at 14:05Comments(0)DRM放送

2014年10月18日

RTI DRM TEST

予告通り10月17日は先週までのAM放送に代わってDRMが出てきた。1556過ぎにDRM信号がs/on、1558から音楽が出てきた。1600の時報の後ドイツ語番組開始、信号は強く復調率は高いがなぜか音質が悪い。入力オーバーなのか音が歪んでいる。
音声はモノラル、ビットレートは13.98kbpsと低く音声の復調は良い。サービス記述チャンネル(SDC)のデータがなく受信日付なども表示されない。言語表示も6月のテスト放送と同じChineseのままである。
後半は信号も落ち気味、SN比も低くなり音声も途切れがち、
18日も1600から11665kHzで放送される。

開始から終了までのログ。>>>>
Dream
Software Version 1.12a
Starttime (UTC) 2014-10-17 15:58:06
Frequency 11665 kHz
Latitude 0ー0'N
Longitude 0ー0'E

MINUTE SNR SYNC AUDIO TYPE
0000 14 105 480/05 0
0001 13 150 437/05 0
0002 10 98 21/05 0
0003 12 124 589/05 0
0004 14 150 749/05 0
0005 13 150 226/05 0
0006 14 150 741/05 0
0007 16 150 684/05 0
0008 17 150 750/05 0
0009 16 150 548/05 0
0010 17 150 750/05 0
0011 16 145 489/05 0
0012 19 150 639/05 0
0013 16 150 609/05 0
0014 18 150 750/05 0
0015 16 149 441/05 0
0016 19 150 709/05 0
0017 16 136 544/05 0
0018 12 131 396/05 0
0019 17 150 749/05 0
0020 16 150 486/05 0
0021 18 150 751/05 0
0022 18 150 754/05 0
0023 15 143 289/05 0
0024 11 150 11/05 0
0025 11 150 215/05 0
0026 14 150 607/05 0
0027 16 150 748/05 0
0028 15 150 698/05 0
0029 14 150 495/05 0
0030 11 148 30/05 0
0031 13 150 600/05 0
0032 14 150 448/05 0
0033 14 150 638/05 0
0034 14 150 643/05 0
0035 16 150 740/05 0
0036 17 150 750/05 0
0037 16 150 712/05 0
0038 15 150 654/05 0
0039 16 150 723/05 0
0040 15 150 438/05 0
0041 15 150 659/05 0
0042 13 122 182/05 0
0043 14 150 716/05 0
0044 15 150 642/05 0
0045 16 150 749/05 0
0046 15 150 297/05 0
0047 11 147 35/05 0
0048 13 150 638/05 0
0049 13 150 108/05 0
0050 10 150 2/05 0
0051 12 150 464/05 0
0052 15 150 713/05 0
0053 16 149 554/05 0
0054 14 150 552/05 0
0055 16 149 552/05 0
0056 12 143 299/05 0
0057 16 150 750/05 0
0058 14 149 242/05 0
0059 13 142 471/05 0
0060 13 150 565/05 0
0061 14 150 425/05 0
0062 15 147 469/05 0

SNR min: 0.1, max: 19.7
CRC:
<<<<

  
Posted by ひろし at 10:44Comments(0)DRM放送

2014年09月28日

KTWR12120kHz

半年間に亘って日本語のDRM放送は9月28日、日曜日の放送で終了となった。
28日最後の放送も受信状態は良好である。ふぇーじんぐもそれほど強くはなく、100%の復調である。番組冒頭でDRM放送は今日で終了すると述べている。
次回からは30分番組で通常のAM放送で行われるかもしれない。

9月28日最後のDRM放送はSN比も良く17~28dBを推移している。



  
Posted by ひろし at 22:01Comments(0)DRM放送

2014年09月20日

VOA Radiogram

毎週土日の放送されているVOA Radiogram、日本での受信状態は決して良くないが、20日は5745kHzが比較的よく届いていた。
RFAで放送された簡体字ではなく、英語放送のため打ち出されるスピードは速い。送出されたテキスト文字の一部と画像。

Before RSID: <<2014-09-20T09:31Z MFSK-32 @ 5745000+1499>>

Welcome to program 77 of VOA Radiogram from the Voice of America.

I'm Kim Andrew Elliott in Washington.

Here is the lineup for today's program (MFSK32):

1:34 Program preview (now)
2:35 Device produces water from fog, with image.
7:34 NASA contract l manned spacecraft, with image
11:33 NASA's asteroid detection effort, with image
18:15 US information "battle" with Russia, IS
26:41 Closing announcements

Please send reception reports to radiogram@voanews.com.

And visit voaradiogram.net

Twitter: @VOARadiogram


Image: Fog could become a valuable water source in drought-stricken areas like California...


Sending Pic:256x171C;


This is VOA Radiogram from the Voice of America.

Please send reception reports to radiogram@voanews.com.

NASA Picks Contractors to Resume Manned Space Flight


Image: Boeing's Crew Space Transportation (CST)-100...


Sending Pic:200x160C;

Before RSID: <<2014-09-20T09:41Z MFSK-32 @ 5745000+1504>>

This is VOA Radiogram from the Voice of America.

Please send reception reports to radiogram@voanews.com.

Report: NASA Failing in Mission to Find Dangerous Asteroids Near Earth


Image: Image courtesy of NASA shows an artist's concept of a
broken-up asteroid. Scientists think that a giant asteroid, which
broke up long ago in the main asteroid belt between Mars and
Jupiter, eventually made its way to Earth and led to the extinction of the dinosaurs...


Sending Pic:299x171C;

Before RSID: <<2014-09-20T09:47Z MFSK-32 @ 5745000+1504>>

This is VOA Radiogram from the Voice of America.

Please send reception reports to radiogram@voanews.com.

VOA NEWS

Under Secretary Stengel: US in Information 'Battle' with IS, Russia

Before RSID: <<2014-09-20T09:56Z MFSK-32 @ 5745000+1499>>

Please send reception reports to radiogram@voanews.com.

And ehšnNiogram.net.

Twitter: @VOARadiogram

Thanks to colleagues at the Edward R. Murrow shortwave transmitting station in North Carolina.

I'm Kim Elliott. Please join us for the next VOA Radiogram

This is VOA, the Voice of America.

Before RSID: <<2014-09-20T09:56Z MFSK-32 @ 5745000+1499>>
Sending Pic:209x19C;

  
Posted by ひろし at 22:45Comments(0)Radiogram

2014年09月16日

RFA Cantonese 15260kHz

どこからか知らないが、RFAの中国向け放送が中止されるという情報があるらしい。真偽のほどは知らない、ほかの言語は続くらしいと言うからこれまたよく分からない。

そんな中広東語放送の終了部分で9月15日まで文字放送が行われた。予定では2258の15260kHzが最後のはず、いつもと変わらぬ状態で復調できている。
9月15日2258に15260kHzでの受信。


前日9月14日、同時刻15390kHzでの受診。
  
Posted by ひろし at 08:41Comments(0)Radiogram

2014年09月14日

RFA 15380kHz

RFA広東語放送の終了部分で毎日出ているテキスト文字放送、激しいCNR1の混信があるが、復調は100%出来ている。
FSKモードより、このOlivia-32-2000のほうが混信には強いようだ。

9月13日2258、15380kHzでの受信評価画面。
  
Posted by ひろし at 08:28Comments(0)Radiogram

2014年09月13日

RFA Cantonese Radiogram

9月9日から始まった広東語の中での文字放送、IBBのプレスによれば9月15日2258の放送で終了する。
連日1458からの放送が13MHzでクリアーに受信できている。送られているテキスト文字は毎日同じものである。放送バンド外などに出ている周波数もそのままRFAを中継しているので1500まで出ている周波数すべてで聞くことができる。

この放送の受信報告に対しては特別べりが発行される、べりコレクターの人はぜひ受信報告を出してはいかが。

9月13日以降は以下の周波数で聞こえている。11600kHzは土日のみT8WHパラオ送信が出ておりつぶされている。
13635, 12190, 11970, 11600, 11580, 11100, 9320, 9280, 9230, 7210, 6970, 6870

13MHzと19MHz帯は日替わり周波数で出ている。
RFA Cantonese
1400-1500
1...... 13700
.2.4.6. 13585
..3.5.. 13595
......7 13635

2200-2300
1...... 15390
.2..... 15260
..3.... 15270
...4... 15280
....5.. 15290
.....6. 15300
......7 15380

  
Posted by ひろし at 23:55Comments(0)Radiogram

2014年09月11日

RFA Radiogram

RFAとしては初めての文字放送が昨日から始まっている。
広東語放送は日替わり周波数のため、10日は13585kHzでクリアーに受信できている。これ以外にも非公式の周波数が11波出ており、これらもすべて1400代はRFA広東語を中継している。
September 10 RFA Cantonese
13585, 11970, 11600, 11580, 9850, 9730, 9320, 9280, 9230, 7210, 6970, 6870

9月10日1458、13585kHzでの受信。

  
Posted by ひろし at 00:30Comments(0)Radiogram

2014年09月10日

RFA広東語文字放送

VOAのテスト放送は9月7日に終了したが、今度はRFAの広東語で文字放送が9日1400の放送から始まっている。番組終了間近1458から出ている。

以前同様、モードはOlivia-32-2000、中心周波数1500Hzである。放送初日は火曜日のため周波数は13595kHzである。この放送は2200の15280kHzでも出ていた。

  
Posted by ひろし at 20:50Comments(0)Radiogram

2014年09月04日

R.Australia 12080kHz

同じ南からの放送でもニュージーランドとは違い、オーストラリアのDRMはあまり受信状態がよろしくない。
そんな中、たまには12080kHzのDRMが局名表示だけは何とか表示してくれる。ところが12085kHzにもAMで同じ放送が出ている。いくらターゲットエリアが違うとは言え、これでは音声の復調は程遠い。

もう一つ日付の表示がおかしい、9月4日1120が、9月6日2036と表示されている。単なる入力ミスと思われるが・・。

9月4日1120の受信評価画面。
  
Posted by ひろし at 20:38Comments(0)DRM放送

2014年08月16日

VOA Chginese Radiogram

8月11日に終了した中国語の文字放送が再開された。14日2258ごろから今までとは違ったピロピロ音が受信できる。
これまでのMFSKモードに代わり、Olivia-64-2000で行われている。時間は今までと同じ2258と0058の毎日2回送られている。
受信状態は悪いが、複数波同時受信で送られている文字は確認できる。

这是美国之音以Olivia32/2000模式发射的试验信号。

请将您的收听情况报告寄至radiogram@voanews.com。

如果您能给我们寄送收听情况的录音,将会对我们特别有帮助。



  
Posted by ひろし at 13:03Comments(0)Radiogram

2014年08月13日

7325kHz DRM

日本で聞こえる時間帯ではないが、0200から7325kHzでDRM信号が出ている。リモート受信で復調を試みるが局名の表示もおぼつかない。

しかしこの局、以前からあちこちに出没しているドイツの軍局で、音声の復調ができない。何か特別なアプリでも使わないと聞けない放送のようだ。
音声はモノラルでデータ放送とスチール画像、htmlニュースも同時に送られていることがわかる。そこに局名のRadio Andernachが表示されている。
ウェブサイトなどによればアフガンに展開するドイツ連邦軍へのラジオとテレビ放送で、専用アプリで受信できるよう暗号化されている。
ストリーミング放送も行われているが登録申請が必要である。


  
Posted by ひろし at 14:30Comments(0)DRM放送

2014年08月13日

AIR 13605kHz

DRM放送はルーマニアに次いで長時間出ているのがAIRだ。ここ最近はテストの表示ではなく送信サイトが表示されている。言語表示は都度書き換えられることがあまりなく、実際に聞こえる言語と一致しない。

入感状況にも秋の気配があり、13605kHzの英語放送がよく聞こえている。ほぼ完ぺきに近い復調である。これも英語放送であるがラベル表示はHindiのままである。
評価画面の時刻表示はUTCが正確に出ている。

  
Posted by ひろし at 09:47Comments(0)DRM放送

2014年08月11日

VOA Chginese Radiogram

二週間の予定で始まった中国語のテスト放送、10日も予定通り、そして11日も同じものが放送された。

2258と0058から約70秒のピロピロ音がCNR1の中から聞こえている。17560kHzが一番よかったようだ。

  続きを読む
Posted by ひろし at 10:37Comments(0)Radiogram

2014年08月11日

KTWR 12120kHz

毎週日曜日の日本語DRM放送。10日もクリアーな放送が受信できた。先週3日同様、開始から終了までほぼ完ぺきに復調できた。

8月3日のログの一部。
>>>>
Dream
Software Version 1.12a
Starttime (UTC) 2014-08-03 11:07:26
Frequency 12120 kHz
Latitude 0ー0'N
Longitude 0ー0'E

MINUTE SNR SYNC AUDIO TYPE
0000 15 129 1135/10 0
0001 16 121 952/10 0
0002 18 121 1087/10 0
0003 23 150 1492/10 0
0004 25 150 1480/10 0
0005 25 150 1488/10 0
0006 15 92 716/10 0
0007 24 150 1487/10 0
0008 21 135 1259/10 0
0009 21 135 1283/10 0
0010 18 121 1064/10 0
0011 18 107 909/10 0
0012 25 150 1492/10 0
0013 22 136 1293/10 0
0014 23 135 1284/10 0
0015 23 136 1269/10 0
0016 20 110 952/10 0
0017 22 150 1481/10 0
0018 23 150 1456/10 0
0019 23 150 1493/10 0
0020 23 150 1498/10 0
0021 22 150 1484/10 0
0022 22 150 1480/10 0
0023 22 150 1497/10 0
0024 23 150 1498/10 0
0025 23 150 1497/10 0
0026 23 150 1495/10 0
0027 23 150 1488/10 0
0028 23 150 1496/10 0
0029 23 150 1486/10 0
0030 23 150 1498/10 0
0031 23 150 1495/10 0
0032 22 150 1464/10 0

SNR min: 0.6, max: 26.4
CRC:
<<<<

  
Posted by ひろし at 05:05Comments(0)DRM放送