2020年09月14日

9910/7500kHz KTWR

15200kHzのDRMテスト放送は予定通り行われ、11日に終了した。毎回各種モードでテスト放送が行われた。

毎週土曜日は9910kHzで中国語のDRM放送が出ている。12日も信号は強くほぼ100%の復調である。音声はもちろんのこと、HTMLによる文字情報も、いつものように復調できている。
全5ページのうち一ページが毎回更新されている。

そして13日、日曜日は日本語DRM放送、信号は強く100%復調である。MOTWeb文字情報もいつものように一ページが更新されている。


  続きを読む
Posted by ひろし at 09:00Comments(0)DRM放送

2020年09月09日

15200kHz DRM test

月曜日から続いている15200kHzのKTWR DRM放送、昨日は弱くラベル表示がやっと。9日も弱くラベル表示のみだ。毎日違うレートで放送している。
スライドはなく音声2チャンネルで出ている。タミール語と英語の表示が出ている。





  続きを読む
Posted by ひろし at 19:54Comments(0)DRM放送

2020年09月07日

15200kHz KTWR

機能に次いで、15200kHzではKTWRのDRM放送が出ている。放送時間は同じである。しかし日本向けではないため平均して信号は弱く時々音声が聞こえるだけ。
スライド賞も行われているようだが、まったく復調はできない。

このDRM特別番組は今日から金曜日まで毎日放送される。

9月7日、月曜日のピーク時の受信評価画面。


  続きを読む
Posted by ひろし at 19:57Comments(0)DRM放送

2020年09月07日

7500kHz KTWR

毎週日曜日のDRM放送、9月6日1245からも良好な受信ができた。100%復調で、送られて来た8枚のpng画像のうち2枚が新しい。
HTMLファイルは一ページが更新されているがあとは毎回同じ内容である。9月6日更新されたHTMLファイル。



  
Posted by ひろし at 17:15Comments(0)DRM放送

2020年08月31日

7500kHz KTWR DRM

30日、日曜日のKTWRはこれまでにない強さで入感している。ピークでは30dBを超す強さである。音声はもちろん、HTMLファイルも一部内容が更新されており、5ページ分100%再現できている。
日曜日は15200kHzでもDRM放送が出ているが、こちらはインド向けのため弱く復調できない。ラベル表示が確認できるだけ。

7500kHzの画像も7種類送られたが、3種類が更新されている。

>>>>
Dream
Software Version 1.19.2
Starttime (UTC) 2020-08-30 12:45:19
Frequency 7500 kHz
Latitude 35-0'N
Longitude 136ー0'E
Label KTWR Audio
Bitrate 12.72 kbps
Mode B
Bandwidth 10 kHz

MINUTE SNR SYNC AUDIO TYPE
0000 24 150 743/05 0
0001 26 150 749/05 0
0002 30 150 744/05 0
0003 30 150 755/05 0
0004 28 150 746/05 0
0005 28 150 754/05 0
0006 28 150 743/05 0
0007 27 150 749/05 0
0008 26 150 749/05 0
0009 26 150 754/05 0
0010 24 150 740/05 0
0011 23 150 749/05 0
0012 24 150 748/05 0
0013 25 150 746/05 0
0014 25 150 742/05 0
0015 24 150 751/05 0
0016 24 150 749/05 0
0017 25 150 746/05 0
0018 26 150 740/05 0
0019 25 150 749/05 0
0020 25 150 741/05 0
0021 24 150 743/05 0
0022 25 150 744/05 0
0023 24 150 751/05 0
0024 25 150 745/05 0
0025 26 150 750/05 0
0026 26 150 746/05 0
0027 27 150 753/05 0
0028 27 150 746/05 0

SNR min: 10.6, max: 30.9
CRC:
<<<<

  
Posted by ひろし at 05:05Comments(0)DRM放送

2020年08月28日

3205kHz DRM

8月24日から出ていなかった3205kHzが28日は時々DRM信号が出ている。0700台も出ているのが確認できるが、まだ弱い。入力スペクトラムが反転している。帯域幅は9kHzである。ラベル表示はDream Testで変化はない。

8月28日0730UTCではこれが精いっぱい。


時々停波を繰り返しており、0800にはまた停波、0810再開と不安定である。0816に入力スペクトラムは通常モードになった。日没とともに信号も強くなり時々音声も聞こえてくる。番組はKCBSを流している。

  続きを読む
Posted by ひろし at 16:48Comments(0)DRM放送

2020年08月24日

KTWR 7500kHz

毎週日曜日の日本語DRM放送、先週はまともに送信されなかったが、23日の放送は良好である。HTMLファイルも一部が更新され、これまでと同じ6種類の画像に、3種類の新しい画像が追加された。全部で9種類のpng画像が受信できた。
8月23日の更新されたページ


  続きを読む
Posted by ひろし at 11:07Comments(0)DRM放送

2020年08月23日

7345kHz R.Marti xHE-AAC

キューバ向けスペイン語放送、Radio MartiもDRM放送を行っている。直sつの受信はむつかしいが、今はリモートで何でもできる時代、DRM放送も近くで受信することが可能である。
ただ途中のネット回線の状態により、同じSN比でも帯域幅の関係で、エラー修正が追い付かず、復調率は低下する。

8月23日、0153フロリダ半島での受信評価画面。


  
Posted by ひろし at 11:10Comments(0)DRM放送

2020年08月18日

3205kHz KCBS

送信時間が短縮されたKCBSのDRMテスト放送、きのう同様18日も0700過ぎに信号を確認、KCBSの番組を流している。帯域幅は9kHzである。
日没とともに信号強度は幾分上昇、比較的安定するも、SNH比が20dB以上でもエラー修正が追い付かず、音声がぶち切れ状態である。ビットレートが高すぎる。
18日は1033に停波した。


「中国之声」DRM放送のテスト電波は18日は出てこなかった。受信できなかった。確認できたのは公表されている通常のDRM放送のみである。
代わりに出ていたのは15735kHzのロシアのテスト放送、いつものように音楽だけを流している。


  続きを読む
Posted by ひろし at 18:58Comments(0)DRM放送

2020年08月17日

13845kHz xHE-AAC

「中国之声」DRM放送は、17日もいつものように13710kHzで始まった。概ね受信状態は良好である。0230に15520kHzへ移動、0400はいつもの12015kHzである。
0700も13845kHzが使用されている。そして0800からは日付だけが一日進んで火曜日の表示に変わった。

August 17 CNR 1 DRM xHE-AAC
0100-0230 13720
0230-0400 15520
0400-0700 12015
0700-0900 13845

3205kHzのKCBSは昨日出ていなかったが、17日0700にDRM信号を確認できた。これまで通りテスト放送のラベル表示である。0830現在信号はまだ弱く復調率は低い。


今日も長続きはせず、0940には停波している。
  
Posted by ひろし at 17:49Comments(0)DRM放送