2017年04月12日

BBC 17790kHz

BBCのDRM放送いまだ健在、日本ではこの17790kHzが唯一受信可能なDRM放送。毎日0800-0900に放送されている。昨年末までは5845kHzでも放送されていたが、タイ送信所閉鎖により廃止されている。
しかしインド向けビームのため受信状態はあまりよろしくない。今回はカタールまで出張して聞いてみた。番組はDRM独自のWorld Serviceである。アナウンスもDRM放送と出ている。

データ放送も充実しており、ヒンディー語、アジアとヨーロッパ向けの英語ニュースの3種類がHTMLで提供されている。


  
Posted by ひろし at 19:19Comments(0)DRM放送

2017年03月30日

Saudi Arabia DRM

サウジアラビアがDRM放送を始めたか。3月30日、0700過ぎに15435kHzでDRM信号をリモートSDRで受信。各地のSDRで受信を試みたが、なぜかフランスが一番強い。カタールは弱くて山も見えないほど。

0825まではモノラルに2チャンネルでコーラン放送とソマリ語を出していた。復調音声は過変調気味で歪んでいる。
0830に再開したが帯域が20kHzもあるDRM信号、しかしこれは15435と15445kHz双方にDRMが出てきたということ。2台の送信機のテストでも始めたのか。かねてから新送信機がいずれ稼働すると思われていた。
ch1 Somali
ch2 Quran




0835には15435kHzはAMでソマリ語放送、15445kHzはDRM放送でコーランを出していた。


15445kHzのDRM信号は0930には止まっていた。一方AM波の15435kHzは0900からはインドネシア語が出ている。これは従来からの21670kHzとパラである。
その後のチェックでは信号のわりにノイジーに聞こえる、よく見るとAMとDRMが同一周波数に出ているようだ。インドネシア語の15435kHzは1033に停波した。
  
Posted by ひろし at 18:30Comments(0)DRM放送

2017年03月21日

中国がDRM放送?

すでにA17スケジュールが公開されているが、そのHFCCの登録周波数の中に、DRMモードが載っている。
登録されているのは海南島と斉斉哈爾」からで、送信サイトはDongfang 18N54 108E39とQiqihar 47N02 124E03の2か所から。

合わせて3波が0100-0900の放送予定である。実際に電波が出るかどうかは知らない。
HFCCに登録されている周波数は;

11695 0100 0900 43NW,44NE QIQ 150 220 0 146 1234567 260317 291017 N 14500 Chn CHN CNR RTC 5200
15580 0100 0900 43NW,44NE DOF 30 16 0 216 1234567 260317 291017 N 14500 Chn CHN CNR RTC 5201
17800 0100 0900 43NW,44NE DOF 30 16 0 216 1234567 260317 291017 N 14500 Chn CHN CNR RTC 13655
  
Posted by ひろし at 20:06Comments(0)DRM放送

2016年12月24日

9540kHz CNR1DRM

12月23日も0100からDRM信号が出てきた。相変わらずどこからの送信か不明でラベル表示はない。やはり同波のSOHのジャミングとして出している可能性が高い。
終了は22日より一時間早く0608に終了している。あとはいつものようにSOHがかなり強く聞こえている。

そして24日も出るかと思いきやその気配はなし。0100を過ぎてもSOHだけが聞こえている。0400現在もDRM信号は見当たらない。


  
Posted by ひろし at 13:03Comments(0)DRM放送

2016年12月22日

9540kHz DRM

昨日に続き22日もお出まし。やはりラベル表示は無し、局を特定するID番号すら出さない、日付もなし、いうならばアンカバー局である。やはりテスト放送などの類ではなく、同波に出ているSOHのジャミングと見たほうがよさそうだ。

信号は強くほぼ100%復調できている。昨日より10分ほど早く0704:05に停波した。以降SOHがよく聞こえているがこれも0733:15に停波、0825に再開している。21日SOHの停波時間は0732:30~0812である。

CNR1「中国之声」を流す不明DRM局
  
Posted by ひろし at 18:23Comments(0)DRM放送

2016年12月21日

CNR1 9540kHz

今日は冬至、珍しく中国がDRM放送を出している。
12月21日、0100過ぎに気付いたが9540kHzで強力なDRM信号が。早速DREMで復調したところCNR1「中国之声」が出ている。番組はAMで数多く出ているのとパラである。

しかしラベル表示は出ない、0100代はビットレートも高く20.96kbpsでステレオ、復調率が悪い。0154に一旦AMになったが一分後再開、9.18kbpsに下がりモノラル放送に。相変わらずラベル表示はない、出ない。
0200過ぎからはSN比も上昇、ほぼ100%の復調である。

中国のDRM放送といえば、10年前に斉斉哈爾(チチハル)から送信されたことがある。おそらくそれ以来かも。この9540kHzがどこから出ているかは知らない。

12月21日0130


12月21日0225


0500以降もモノラル放送が続いている。受信状態は良好である。

  続きを読む
Posted by ひろし at 11:30Comments(0)DRM放送

2016年12月06日

RTI 6185kHz

時々テスト放送を行っているRTIだが、今回も12月3日から6日まで6185kHzでDRM放送を出している。3日は信号も強く英語放送がよく聞こえている。復調率はほぼ100%である。
ラベル表示はChineseとなっているが実際には15分間英語番組が出ている。

RTI DRM Test
December 3-6
1700-1715
6185 kHz
  
Posted by ひろし at 00:13Comments(0)DRM放送

2016年07月24日

3560kHz

7月21日ごろから北朝鮮の短波周波数に動きがみられる。
その中で23日まではAM放送で海外向けが出ていた3560kHz、24日は0900からDRM信号が出てきた。低い周波数のためノイズも多くかろうじてID番号5B1が表示するのみ。言語はEnglishと出ているが・・・

これから日没とともに信号は強くなると思うが。一応スケジュール通りの言語が出いるようだ。0930からは朝鮮語が聞こえる。




1000を過ぎてからはほぼ100%の復調である。昨日までAMで出ていた海外向け放送がきょう24日はDRM放送で聞こえている。
1057に突然停波した。
  
Posted by ひろし at 18:40Comments(0)DRM放送

2016年03月21日

BBC13725kHzDRM

昨日に続き21日も13725kHzでDRMが出てきた。音声はモノラル、データ放送がありHTMLでニュースが流れている。番組は通常のWorld Serviceである。
フェージングが激しく復調率は低い。
13725kHz BBC World Service 0500-0600 DRM


  
Posted by ひろし at 14:39Comments(0)DRM放送

2016年03月20日

13725kHz DRM

諸般の事情によりDRM放送の受信する機会が減ってしまった。記録はしているのだが再生する時間が取れない。

3月16日からまた北朝鮮の3560kHzで海外向け放送がDRMで出ている。7220kHzと同じ番組が出ている。フェージングが激しく復調率が悪い。
三日間、しかも短時間出ただけで、番組途中で停波するなど相変わらずだらしのない放送で、目的はわからない。ラベル表示は英語になっているが、実際に聞こえたのは中国語と朝鮮語放送である。ID番号は2012年に初めてDRM放送を出した時と同じある。ビットレートと音声もステレオで仕様の変更はない。
曲名はDPRK DRMとだけ出している。

また3月20日はBBC-WSが13725kHzでDRM放送を出していた。どこかでDRMのイベントでも行われたのだろうか。0500-0559:30に受信できた。
  
Posted by ひろし at 22:15Comments(0)DRM放送