2019年07月12日

13840kHz CNR1

まさに日替わり周波数でテスト放送を行っているようだ。昆明送信に大きな変化はないが、ID番号3ECを出している烏魯木斉送信が細切れで電波を出している。

0100以降は17830、13800、13840、17790、13840kHzと順次周波数を変え、0940まで出ていた。このため0300代は13MHz帯にDRM信号が3波も並ぶという珍しい光景が。

0800に再開した15180kHzは12日は北朝鮮も弱く1000以降も時々復調できている。ID2を表示しており、0800以降も日付は12日である。
13710kHzも同様だが、9655、6030kHzは13日付になっている。

Posted by ひろし at 19:23│Comments(0)DRM放送
上の画像に書かれている文字を入力して下さい