2018年12月08日

CNR1 DRM 8波で放送中

11月末にテスト放送をしていた15735、17800kHzがまた7日からDRM放送を行っている。9870kHzを含めた3波は同一送信機と思われ、周波数を切り替えて放送している。

17800kHzは.FCCにはDOFで既に登録されているが、9870と15735kHzは未登録である。ただ11月20日付で、15750kHzにKUNからとして一波追加されている。

今回の3波は、受信状況などから見て昆明KUNではなく中国東北部、多分斉斉哈爾からの送信と思われる。
従来から出ている東方DOFと烏魯木斉URUは日付けが0800UTCに一日進んでいるが、15735kHzは日付の進みはない。
12月8日0800では6030、11695、13850、15580kHzが9日付になっている。15735kHzは8日のままで時刻はいずれも北京時間を表示している。ID番号が1ということでテスト放送が続いているようだ。

8日は13850kHzは0800を過ぎても出ている、当然9655kHzは留守である。0844に9655kHzへ切り替わった。
15735kHzは0810には停波した模様。日没とともに急激にダウンしていった。
0800代は15620kHzにBBCのDRMも出ている。

12月8日0804UTC、15735kHzの受信評価画面、日付は8日である。

Posted by ひろし at 18:00│Comments(0)DRM放送
上の画像に書かれている文字を入力して下さい